【イベント案内】NPO法人ETIC.「先進地域のリーダーから学ぶリレー座談会:島根県雲南市に学ぶ住民協働によるコミュニティづくり」(11/29@福島市)



当団体の連携団体であるNPO法人ETIC.より、2013年11月29日(金) 福島市にて開催する、
「先進地域のリーダーから学ぶリレー座談会:島根県雲南市に学ぶ住民協働によるコミュニティづくり」
のご案内です。
※こちらイベント直前のご案内となり、大変恐縮でございます。
※当団体は、当イベントに協力団体として参画しております。

行政と住民が協働し、行政の積極的なバックアップにより、住民主体の課題解決型コミュニティの育成を
推進している、島根県雲南市。
この雲南市から、雲南市役所の方々をお招きし、座談会を開催いたします。
座談会では、雲南市役所職員の方々をお呼びし、人口4万人の雲南市に49の自主組織ができるまでのプロセスや
仕組みづくりのポイント等、取り組みの裏側を伺います。

福島県外の先進事例に興味がある方、事例を自分の地域で活用したい方、行政との関わり方を考えたい方等々、
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
※参加費:無料
※ご参加お申し込みは下記「お申し込み方法」からお願い申し上げます。

また、下記チラシ2枚目に当座談会以外の座談会のご案内も記載しております。
こちらのご参加もご検討いただけますと幸いでございます。

unnnan unnnan2
【チラシ】NPO法人ETIC.「先進地域のリーダーから学ぶリレー座談会:島根県雲南市に学ぶ住民協働によるコミュニティづくり」(11/29@福島市)

以下、開催概要となります。
※詳細は、上記のチラシをご確認下さいませ。
—————————————————————–——–——–———————————————————————
□「先進地域のリーダーから学ぶリレー座談会:島根県雲南市に学ぶ住民協働によるコミュニティづくり」□
—————————————————————–——–——–———————————————————————
□日時
11月29日(金) 10:00~12:00(開場9:45)

□場所
チェンバおおまち3階 会議室‐A
(福島県福島市大町4-15)

□座談会ゲスト
島根県雲南市役所から下記3名様にお越しいただきます。
1) 板持 周治 氏
雲南市役所政策企画部地域振興課 主幹。平成3年旧木次町役場採用。
農林関係、総務関係部署を経て平成16年の町村合併により雲南市役所政策企画部政策推進課に配属。
平成24年4月に同部地域振興課に異動し、現在に至る。

2) 石田 誠 氏
雲南市役所政策企画部地域振興課 副主幹。平成13年旧三刀屋町役場採用。
総務課、教育委員会を経て平成16年の町村合併により雲南市役所教育委員会に配属される。
平成21年4月から政策企画部政策推進課、平成23年4月から同部地域振興課に異動し、現在に至る。

3) 尾野 寛明 氏
有限会社エコカレッジ、NPO法人てごねっと石見 所属。学生時代に起業を志し、
2001年に東京都文京区でネット古書店を創業。2006年、本社を島根県邑智郡川本町に移転し、書店跡地を利用し、
ITを活用した商店街のまちおこしと障がい者雇用を目指す古本屋を経営している。
過疎を逆手にとって、倉庫代は東京の100分の1。15万冊以上の蔵書があり、今でも東京と島根を1週間おきに
行き来する「二地域居住」の実践中。
都市部の起業家を地方へ呼び込む仕組み作りや地域プロデューサー育成の仕組み作りに駆け回っている。

□対象
どなたでもご参加可能

□参加費
無料

□お申し込み方法
下記URLのご参加申込フォーマットに必要事項をご記入の上、お申し込みくださいませ。
http://goo.gl/hlHdt5

□お問い合わせ先
何かご不明点がございましたら、下記メールアドレスまでご連絡だくさいませ。
NPO法人ETIC.:fukkou@etic.or.jp

※※※【参考:島根県雲南市について】※※※
◆高齢者を中心に動き出した課題解決型コミュニティ
高齢化率30%を超える雲南市を訪れると、活き活きと活動する多くの高齢者に驚かされます。
高齢者向けの配食サービスやデマンドバスの運行、水道の検針事業、空き店舗を活用したコミュニティビジネス
など、どれも高齢者の方々を中心に行われている事業ばかりです。
運営は地域の旧小学校を基本単位に設置された自主組織。自治体との連携に加え、住民アンケートなどにより課題を
把握し、地域の実情に即した事業運営を行っています。

◆行政の積極的なバックアップ
こうした動きに行政は、
・条例へ地域自主組織の設置を盛り込み
・活動拠点である交流センター(旧公民館)の運営を自主組織に委託
・自主組織同士の連携の場である円卓会議の開催 など
行政のみでは対応困難な住民ニーズに対応できる活動を積極的にサポートしています。

◆島根県の10年先、日本の20年先をいく雲南市へ
住民から行政への相談は「なんでやってくれないの」から「なんでやらせてくれないの」へ変わり、
住民の主体的な活動により町の雰囲気に少しずつ変化が起きています。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

以上
—————————————————————–——–——–———————————————————————