【イベント情報】「第2回ふくしま復興まちづくりシンポジウム」(2/16@二本松市)



※※※※※※※※※※※※※※※※※【注意事項】※※※※※※※※※※※※※※※※※

「第2回ふくしま復興まちづくりシンポジウム」の開催が迫りましたが、
週末の福島地方の天気は大雪の予報となっており、交通機関の乱れも予想されます。

事前のお申込をいただいている方には、万が一延期等になる場合、
こちらよりご連絡差し上げますが、事前のお申込みをいただいていない方は、
下記の緊急連絡先までお問い合わせの上、お越し下さるようお願いいたします。

★緊急連絡先★
090-9105-8612 (担当:ふくしま連携復興センター 遠山)

また、中止の場合は、当日2/16(日)AM8:00までに、このサイトにて掲載いたします。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

当団体の会員団体である『NPO法人まちづくりNPO新町なみえと当団体が共催し、
2014年2月16日(日)福島県二本松市にて開催する『第2回ふくしま復興まちづくりシンポジウム 』のご案内です。

本シンポジウムでは、復興公営住宅の建設や入居募集が進んでいくなか、
「多様な連携を活かしたコミュニティ形成」をテーマに、そこでの住まい・福祉・商業の方向性について、
考える機会を創出いたします。

福島県の各エリアを対象に、避難元及び、受け入れ地域における市民、行政職員、各支援者団体、企業の皆様等々、
多様な主体をお招きし、これからの関係づくりや協働のあり方について、自由に語り合う場となります。
是非ご参加をご検討くださいませ。

fukkoumatudukurisinpo-2_16-1 fukkoumatudukurisinpo-2_16-2
【チラシpdf】「第2回ふくしま復興まちづくりシンポジウム」(2-16@二本松市)

以下、開催概要となります。

「第2回ふくしま復興まちづくりシンポジウム」(2/16@二本松市)
〜多様な連携を活かしてつくる町外コミュニティの可能性〜 開催概要

日時

2014年2月16日(日) 10:00〜16:00 (9:30開場)

会場

二本松福祉センター 3階会議室  (住所:福島県二本松市亀谷1-5-1)

対象

福島県避難元及び、受け入れ地域の市民、行政職員、各支援者団体、企業の皆様

プログラム (予定)

第1部 基調講演と事例紹介 (10:00 〜12:00)

(1) 基調講演…佐藤滋(早稲田大学教授 )
(2) 福島県各地域の先進連携事例紹介
・小澤是寛さん(浪江町仮設住宅自治会長)
・須田弘子さん(NPO法人まごころサービス福島センター 理事長)
・松原茂さん(株式会社マツバヤ 代表) 予定
※コーディネーター:丹波史紀(ふくしま連携復興センター代表理事)

〜昼食休憩〜

第2部 分科会 (13:00 〜14:30)

分科会1:復興公営住宅建設における自治体間の連携と周辺住民との関係
分科会2:自治体を超えた福祉ケアのありかた
分科会3:町外コミュニティにおける産業の方向性

第3部 全体の意見共有と総括 (15:00 〜16:00)

各分科会のまとめ発表
全体の総括 丹波史紀(ふくしま連携復興センター代表理事)

お問い合わせ・参加お申し込み先

一般社団法人ふくしま連携復興センター(担当:遠山賢一郎)
※平日9:00〜17:00対応可

Tel:024-573-2732 mobile:090-9105-8612 Fax:024-573-2733
E-mail:info[@]f-renpuku.com
住所:福島県福島市太田町 17-8 アーバン横山I  1階
※E-mailにてご連絡の際は、[@]の[]をお外し下さいませ。

主催

まちづくりNPO新町なみえ、一般社団法人ふくしま連携復興センター

協力

二本松・浪江連携復興支援センター、NPOまちづくり二本松、
早稲田大学佐藤滋研究室、早稲田大学都市・地域研究所

後援

科学技術振興機構(JST-RISTEX)

 

また、こちらのシンポジウム開催の告知を、福島民報に掲載いただきました。

掲載メディア

福島民報 2014年2月11日 朝刊3面(総合面)
福島民報 2014年2月11日 朝刊3面(総合面)修正
※著作家保護のため、見出し以外を閲覧不可の状態にしております。