【活動報告】「プロボノ TO ふくしま 2014」(7/25・26@二本松市)



業務の経験や専門知識を活かしたボランティア活動「プロボノ」を、福島県内の復興支援団体のお役に立てる、
短期集中型プロボノプログラム「プロボノ TO ふくしま 2014」。
パナソニック・サービスグラント・ふくしま連携復興センターの三者連携による初の取り組みを、
2014年7月25日(金)〜26日(土)に開催しました。

1泊2日の短期プログラムですが、参加する社員ボランティアの皆さんは、約1ヵ月前からチームごとに
事前の準備を行い、情報収集や仮説の検討をしたうえで、福島を訪れていただきました。

ptf2014-1
※写真1:東京から福島行きのバスで士気を高めるプロボノの方々

7/25(金) は、パナソニック社員有志23名の方々が、1チームにつき4〜5名のチームを組み、
福島県内の5団体を対象に、団体紹介資料の改善や、支援者・協力者を呼びかける広報ツールの作成、
ウェブサイトの企画などに挑戦いただきました。
今回の支援先・報告者
特定非営利活動法人 ふよう土2100
特定非営利活動法人 ビーンズふくしま
特定非営利活動法人 いいざかサポーターズクラブ
一般社団法人 手づくりマルシェ
・一般社団法人 ふくしま連携復興センター

ptf2014-2 ptf2014-3
※プロボノワークに取り組むパナソニックプロボノチームとふよう土2100のスタッフの方々

ptf2014-4 ptf2014-5
※宿泊地の二本松市東和地区の農家民宿付近の参宿所で懇親会中のプロボノの方々

7/26(土) は、チームがどのような課題に取り組み、どのような検討を経て、
どのような成果・提案を行ったかなど、エピソードを交えながらご報告いただきました。
また、支援先団体の方からは、今回のサポートについてのご意見やご感想などを伺い、
この成果・提案が今後どのように活用するのかを話されておりました。

ptf2014-6 ptf2014-7
※成果報告会に臨むプロボノの方々と、真剣な表情で発表を聞かれる参加者の方々

ptf2014-8
※最後はプロボノの方々、支援団体の方々、事務局、報告共有会参加者の方々全員で集合写真

ふくしま連携復興センターでは、今後も多様な主体の皆さまとともに、福島県の復興を見据え、
復興支援団体のサポートを実施して参ります。

参考リンク先

Panasonic Corporate Citizenship News パナソニック企業市民活動ブログ
日本:「プロボノ TO ふくしま 2014」
~スキルを活かして福島県のNPOの事業展開力の強化を応援する、短期集中型の被災地支援プロボノ~

NPO法人ふよう土2100の未来づくり活動日記
「プロボノ TO ふくしま 2014 報告共有会」に向けて
「プロボノTOふくしま2014」を終えて
NPO法人コーヒータイムさんを訪問してきました