【活動報告】toiro「ふくしまの今を伝える人材の派遣」(8/31@山梨県中央市)



当団体が運営する県外避難者を対象とした相談窓口「ふくしまの今とつながる相談室toiro(といろ)」事業の
一環である”ふくしまの今を伝える人材の派遣”の取り組みとして
浪江町役場復興推進課の方をお連れし、2014年8月31日(日)山梨県中央市で開催された
「東日本大震災・山梨県内避難者と支援者を結ぶ会」主催の避難者交流サロンに参加してきました。
山梨県中央市は南相馬市にあった工場が震災後に移転した場所で、
それに伴い南相馬市や浪江町から避難された方々が多く暮らしています。

当日は大人と子どもあわせて14名にお集まりいただきました。
地元役場の職員が福島から来るということで、普段の2倍以上の人数にお集まりいただけたようです。

①20140831_153329

会場では町と参加者の間でお互いの現状について活発に情報交換が行われました。
町からは復興計画や除染の進捗状況だけでなく、事業を再開した地元商店の話や町道の復旧に関する情報など、
地元の現状について詳しい情報が伝えられ、参加者からは忌憚のない意見や質問があがり、
町の今後についての要望も寄せられました。


ふくしまの今とつながる相談室toiroでは、これからも福島県内の人材と県外避難者を繋ぐ活動を行ってまいります。
人材の派遣に関するご相談・お問い合わせがございましたら、まずは相談ダイヤルへお電話ください。

「ふくしまの今とつながる相談室toiro」お問い合わせ先

【相談ダイヤル】024-573-2731

【開設時間】毎週月曜・水曜・金曜 10:00〜17:00(祝祭日の場合はお休みとさせていただいております。)

【Webページ】http://f-renpuku.org/toiro
(“ふくしまの今を伝える人材の派遣”の詳細もこちらからご覧いただけます。)