【イベント情報】ふくしまっ子の「外遊び」フォーラム(12/14@福島市)



当団体の会員団体である「公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」より『ふくしまっ子の「外遊び」フォーラム』のお知らせです。

外遊びフォーラム チラシ_01 外遊びフォーラム チラシ_02

【PDF】外遊びフォーラム チラシ

12月14日(日)13時から福島市にある県文化センターで開催されるのSCJ主催 ふくしまっ子の「外遊び」フォーラム のご案内です!

当日は、託児室のご利用もできます(要予約)。
詳しくプログラムやお申し込については、添付チラシをご覧ください。尚、お申し込みは、メールでも可能です。
本メールの最後のお申込み欄をご記入の上、 nakamurayuya@savechildren.or.jp までご返信ください。

震災・原発事故後、もうすぐ4年目を迎える福島の子どもたちの外遊びについて、おとな達で一緒に学び、考え、話し合ってみませんか?
大勢の方のご来場をお待ちいたします。

五十嵐 和代
福島プログラムマネージャー
公益社団法人セーブ・チルドレン・ジャパン
******************************************

ふくしまっ子の「外遊び」フォーラムのご案内
SCJでは、福島の子どもたちが、比較的放射線量の低い環境で、
自由に主体性を持った外遊びができるよう、福島県内の団体と連携しながら、いろいろな環境での遊び場づくりに取り組んでいます。
今回、そのような取り組みの成果や、外遊びの環境つくりで特に放射線量との向き合い方などについて、
事例報告やパネルディスカッションを通じた ふくしまっ子の「外遊び」フォーラムを下記の要領で開催することになりました。

日時:2014年12月14日(日) 13:00-17:00 (12時30分開場)
会場:県文化センター2階会議室 福島県福島市春日町5-54
主催:公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
後援:福島県、福島市、NPO法人日本冒険遊び場づくり協会

【プログラム】
基調講演 
天野秀昭氏 「外遊びのチカラ~震災後4年目の福島で」
事例発表
佐藤耕平氏(NPO法人飯坂サポーターズクラブ事務局長) 「福島市における冒険遊び場の試行錯誤」 
橋口直幸氏(NPO法人こどもの森ネットワーク理事長) 「猪苗代まで日帰り、お出かけ型”外遊び”の実践」
木村真三氏(獨協医科大国際疫学研究室室長兼福島分室長)「放射線教育を辻手学ぶ線量測定と遊び場」
パネルディスカッション
上記3人の登壇者
小川武氏(福島県子育て支援課長) 
齋藤美智子氏(社会福祉法人わたり福祉会さくら保育園園長)

******************************************

お申込み方法(必要事項をご記入の上、nakamurayuya@savechildren.or.jp までお送りください)

【お名前】

【性別】

【所属団体/所在市町村】

【電話/FAX番号】

【メールアドレス】

【発表者に聞いてみたいこと】

【持参資料】
ある
ない

【託児室の利用】
希望する
希望しない

以上