【活動報告】toiro「ふくしまの今を伝える人材の派遣」(1/12@東京都千代田区)



ふくしま連携復興センターでは、県外で避難生活をされている福島の方を対象とした相談窓口
ふくしまの今とつながる相談室toiro(といろ)」を運営しています。
その事業の一環である”ふくしまの今を伝える人材の派遣”の取り組みとして、
2015年1月12日(月・祝)東京国際フォーラムで開催された福島県主催『ふくしま避難者交流会』へ
医療生協わたり病院の医師をお連れし、「放射能と健康」の個別相談ブースを担当してきました。

20150112_163931
※許可を得て撮影しています。

メイン会場の『ふくしま避難者交流会』には、東京都内や埼玉、神奈川など近郊で避難生活を送る福島県民150名超が集まりました。
内堀雅雄 福島県知事からは福島県の復興に全力で取り組んでいく決意のメッセージが伝えられ、福島県避難者支援課からは復興に向けた取り組みの進捗状況や県外避難者支援に関する情報が提供されました。

20150112_144049 20150112_140814

 

ふくしまの今とつながる相談室toiroでは、
東日本大震災および原発事故の影響により県外で生活されている福島の方々へ
福島の情報をお届けする活動に引き続き取り組んでまいります。

”ふくしまの今を伝える人材の派遣”に関するご相談・お問い合わせがございましたら、
まずは相談ダイヤルへお電話ください。

「ふくしまの今とつながる相談室toiro」お問い合わせ先

【相談ダイヤル】024-573-2731

【開設時間】毎週月曜・水曜・金曜 10:00〜17:00(祝祭日の場合はお休みとさせていただいております。)

【Webページ】http://f-renpuku.org/toiro
(“ふくしまの今を伝える人材の派遣”の詳細もこちらからご覧いただけます。)