一般社団法人化、プレスリリース



ふくしま連携復興センターは、12月1日に一般社団法人化し、7日にプレスリリースを行いました。

福島県内外の被災者の連携と支援/自立と復興を市民が自ら行ないます。
縲恆蜉w、市民、NPOが被災者の抜けもれのない支援を行なう枠組みづくり縲彌r

設立団体:16団体
県内NPO法人、一般社団法人、福島大学災害復興研究所等
県外JANIC,JPF,セーブ・ザ・チルドレンジャパン、NICE

協力、資金提供(東日本大震災復興支援財団、パルシステム生活協同組合連合会、立正佼成会一食基金、日本財団)

代表:清水修二(福島大学災害復興研究所 所長)
事務所:福島事務所〒960竏驤€8068 福島市大田町17竏驤€8 アーバン横山Ⅰ 1階
     TEL.024-573-2731
     月~土曜10:00~18:00
     郡山、いわき、会津に事務所を持つ 職員3名
    
目的:東日本大震災とそれにともなう原発事故による福島県の被災者支援の活動を行政と連携 しながら県内の市民、大学、NPOが県外の支援者の協力を得ながら、福島県内外被災者の生活支援と自立のための活動の支援を行なう。
特に全体の半数をこえ、いまだ増え続けている県外避難者をつなぐ事は全国の支援が必要とされている。私たちは、市民が主体的にこの課題解決のしくみをつくる。