3月20日(火・祝)『福島・右腕派遣プロジェクト現地説明会』開催のご案内



ふくしま連携復興センターでは、NPO法人ETIC.と福島大学災害復興研究所
との協働により、3月20日(祝)に『福島・右腕派遣プロジェクト現地説明会』を
開催します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツ黴€■ツ黴€ 福島・右腕派遣プロジェクト【現地説明会】開催 ■
ツ黴€ツ黴€ツ黴€ツ黴€ツ黴€ツ黴€ 福島の今を支え、未来を共に創る リーダーの「右腕」を募集
ツ黴€※現地リーダーから直接、プロジェクト概要や地域への想いが聞けます※
————————————————————————–
3月20日(火・祝)13:00~16:30 @コラッセふくしま (福島市)
http://www.etic.or.jp/recoveryleaders/matchingfukushima/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

主催:NPO法人ETIC.震災復興リーダー支援プロジェクト
共催:一般社団法人ふくしま連携復興センター
福島大学災害復興研究所

今回、福島エリアで右腕を新たに募集するにあたり、福島の復興に関心をお
持ちの方で、具体的に参画を検討されている方を対象に、現地のリーダーや
起業家からプロジェクト概要を直接聞ける現地説明会を3月20日(祝)に開催
します。

困難な状況にいる子どもたちの支援や、避難先での雇用創出、風評被害に負
けない産業育成など、福島の今を支え、未来を共に創ることに参画頂ける方
のお越しをお待ちしております。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 現地説明会の概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツ黴€【概要】
日 付:2012年3月20日(火・祝) 13:00~16:30(開場12:45)
会 場:コラッセふくしま 会議室
住所:福島県福島市三河南町1番20号
[地図] http://www.corasse.com/category/access
定 員:30名程度
参加費:無料(事前予約制)
対 象:・震災復興リーダーのパートナー「右腕」として福島での活動を
検討する主に20~40代の方(ビジネス経験のある人を特に歓迎します)

主 催:NPO法人ETIC. 震災復興リーダー支援プロジェクト
共 催:一般社団法人ふくしま連携復興センター
福島大学災害復興研究所

ツ黴€【当日のプログラム】
[第1部] 13:00~15:15
オープニング / 右腕派遣の概要説明
福島のプロジェクト紹介(リーダーから直接お話いただきます)
個別ブース説明

[第2部] 15:30~16:30
福島の右腕派遣に関するガイダンス
(緊急時の説明、放射能に対する予備知識など)

ツ黴€※プロジェクトにエントリーする場合【第2部】は必ずご参加ください。
ツ黴€※事前説明会に参加されていなくても、お越しいただけます。

ツ黴€【お申込み】
下記URLより「参加申し込みはこちらから」のバナーをクリックし
必要事項をご記入の上、お申し込みください。
http://www.etic.or.jp/recoveryleaders/matchingfukushima/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 募集のプロジェクト
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●福島大学災害復興研究所(福島県全域)
http://michinokushigoto.jp/archives/2800

福島県は、地震や津波の被害に加え、原子力発電所の事故による被害が
県全体に深い影響をもたらしています。産業・自治体行政・教育など様々な
分野で県民のくらしを支える地域貢献を行ってきた大学として、被災されて
いる方々の支援、さらには産業・行政・教育など、様々な分野で福島県の
復興に寄与するために、「福島大学災害復興研究所」が立ち上がっています。
大学という研究機関の立場から、災害や特に原発事故の影響に関する
住民調査や県外避難者の実態調査などとそれをもとにした政策提言を
行っていきます。

●いわき市内におけるコミュニティ・スクールを核にした貧困の連鎖防止事業
http://michinokushigoto.jp/archives/3650

福島県の警戒区域内にある町で、いわき市に行政機能ごと避難している
町民を主な対象とし、転居等により新たなコミュニティが形成されている
地域において、コミュニティ・スクールを核にして、地域資源を繋ぎ合せる
支援を行います。教育・福祉・産業振興・雇用促進、地域インフラ整備等を
統合して捉えて、現地課題に対して、関係者を巻き込んで解決策を提案・
実行していきます。

●避難住民の雇用創出支援プロジェクト(川内村、福島市、いわき市、田村市など)
http://michinokushigoto.jp/archives/3479

川内村では2012年1月に村長が帰村宣言を出したものの、現状は村民の
ほとんどが避難しています。帰村したい住民を支援するため、支援企業
と地域住民・団体とのマッチングをコーディネートし、帰村する人をサ
ポートする「仕組みや仕掛け」をプロデュースしていきます。
具体的には雇用創出の取り組みとして、地域にある休耕作地を利用した
オーガニクコットンの栽培から加工までを行うプロジェクトを誘致。
企業や村と連携して雇用を創出していきます。

●福島復興・市民力支援プロジェクト(南相馬市、相馬市、福島市)
http://michinokushigoto.jp/archives/3511

震災直後から支援の手がなかなか届かない福島県相馬エリアにおいて、
物資供給拠点「相馬基地」を福島県のNPOとともに設置。
その運営を行ってきました。
物資支援へのニーズが減ってきた中で、活動の柱を地元から立ち上げる
市民発プロジェクトのハンズオン支援スタッフを募集中です。

●福島県移動保育プロジェクト(いわき市、郡山市)
http://michinokushigoto.jp/archives/3496

未就学児をメインとした小学生以下の子どもたちを対象とし、県内の放
射線数値の高いとされる地域から、比較的低いとされる地域へと巡回バス
で移動して保育を行うプロジェクトです。
室内での遊びを余儀なくされている子どもたちや親御さんが、自然にふ
れあいながら、心と体を継続的にリフレッシュできる環境づくりを目指
しています。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ その他のご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼「みちのく仕事~復興と暮らしを支える仕事と人のストーリー~」
(東北で活動するリーダーや右腕募集のプロジェクトを紹介)
http://michinokushigoto.jp/

※右腕としてプロジェクトへの参画を志望され、マッチングが成立した
方には、ETIC.震災復興リーダー支援基金より、学生10万円/月、
社会人15万円/月の活動支援金が支給されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お問い合わせ先 ■
特定非営利活動法人 ETIC.(エティック)(担当:山中)
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115/ FAX:03-5784-2116
E-mail : fukkou@etic.or.jp
Website: http://www.etic.or.jp/recoveryleaders/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━