活動紹介:NPO法人 寺子屋方丈舎

寺子屋方丈舎からのお知らせ

団体概要

団体名(設立年月)

NPO法人 寺子屋方丈舎(2001年2月)

沿革

学校に行かない子どものフリースクールとして設立され、2003年環境教育事業を開始。
2007年より若者の就労支援事業も行う。震災後若者の就労支援事業は一旦休止。
被災した児童生徒の放課後居場所事業、学習支援。経済的に困難な子どもの学習支援事業を行っている。

ミッション:目的

子どもたちが、公教育の中で同じ教育をただ受け身で一方的に行われる事に対する限界を超えるために、
個々が有機的につながり育ち合う学びをつくる事を目的としています。

ビジョン:目標

学校に行く、行かないに関わらず、子どもが社会の一員として参画してゆく事を支援する。
私たちは、未来の大人を育む場をつくり、同時に創造してゆく活動を行う。

活動地域

福島県会津地域を中心に県内全域
【活動拠点】福島県会津若松市栄町2-14 レオクラブガーデンスクエア5F

活動テーマ

【メインテーマ】子ども支援(子どもの社会参画)
【サブ テーマ】被災者生活支援(被災した子どもの支援をつうじた社会参画)

組織概要

理事長:江川 和弥
理事:5名 監査:1名
職員:8名
会員:27名 賛助会員:47名
ボランティア:5名

予算規模

約4,200万円/年

団体一言PR

支援する、されるの関係の固定化が問題。学びの共同体づくりこそ大切!!

自由記述欄

不登校の支援と被災者支援は、共通しているところが多いです。

代表的な事業内容

【1】フリースクール事業

主に学校に行かない子どもの社会参画を支援する事業

【2】環境教育事業

自然体験をつうじた学びの構築を目的にしています。
自らが体験しながら、協力しながらつくる学びの場づくり。

【3】放課後居場所事業

大熊町の子どもを中心とした放課後居場所事業、大熊町地域学習応援協議会の一員として活動をしています。

【4】学習支援事業

経済的に困難を抱えた子どもたちが学び、支え合う事をつうじて成長して行くプログラム。

terakoya-hojosha_1 terakoya-hojosha_2 terakoya-hojosha_3

お問い合わせ先

代表者名

理事長:江川 和弥

住所

〒965-0871 福島県会津若松市栄町2-14 レオクラブガーデンスクエア5F

TEL/FAX

TEL:0242-93-7950 / FAX:02420-85-6863

E-mail

info[@]terakoyahoujyousha.com
※ご連絡の際は[@]の[]をお外し下さい。

Webサイト

http://www.terakoyahoujyousha.com