• 過去のお知らせ
  • 2012.04.14

私たちが3月に発表した福島県の仮設住宅アセスメントについて、RCF藤沢さんが解説してくれています。今回の調査は、コミュニティーの状況を調べる事が、主な狙いでした…

私たちが3月に発表した福島県の仮設住宅アセスメントについて、RCF藤沢さんが解説してくれています。今回の調査は、コミュニティーの状況を調べる事が、主な狙いでした。自治会自体は9割近くの仮設住宅で形成されています。しかし、依然として仮設住宅が抱える交通の問題が、通院や、買い物の不便さを解消できてはいない。孤独や孤立を防ぐための支援もいまだ定期的に入れてはいない。このまま来年の3月以降まで仮設住宅に住婿とは本当に可能なのか?多くの方で共有したい。
http://retz.seesaa.net/article/260731677.html


藤沢烈 BLOG: 仮設住宅に求められる支援いま・これから〜仮設住宅アセスメントより
retz.seesaa.net
日本人は、震災復興を成し遂げ、世界の変化に立ち向かうことができるのか。思想の旅を綴って参ります。