• 過去のお知らせ
  • 2013.11.13

【イベント情報】「福島のほくほく里芋でほくほくしながら、福島について考える集い」(11/19@東京)

当団体の会員団体である一般社団法人Bridge for Fukushimaが、2013年11月19日(火)東京都千代田区にて
開催いたします「福島のほくほく里芋でほくほくしながら、福島について考える集い」
(略してほくほく芋)のご案内です。

昨年夏に「福島のシャキシャキ桃を食べながら、福島について考える集い」(略してしゃきもも)
として始まった、Bridge for Fukushimaの東京でのイベント。
今回は、福島の絶品野菜を使用した料理を食べながら、福島について考える場となります。

「しゃきもも」では、福島の復興の第一線で活動する人との出会いのみならず、
東北復興を東京から支援する人や、NPO活動に熱い人との出会いなど、様々な出会いが生まれました。
「しゃきもも」での出会いはその後、福島でのインターンシップへの参加、企業社員ツアー企画、
東京で出来る東北ボランティアワーキンググループの結成に発展したりと、具体的な活動につながっていきました。

今回の「ほくほく芋」では、スピーカーとして福島県で「食」や「健康」に携わる方々(下記参照)に
ご登壇いただきます

以下、開催概要となります。
ご興味・ご関心ございます方のご出席お待ちしております。
※詳細は、リンク先よりご覧下さいませ。
Bridge for Fukushima_hokuhokuimo

———————————————————————————————–
一般社団法人Bridge for Fukushima
「福島のほくほく里芋でほくほくしながら、福島について考える集い」
開催概要
———————————————————————————————–

□日時
2013年11月19日(火) 19:45〜21:45
※19:30開場

□場所
ちよだプラットフォームスクウェア 1階 DELI CAFE
(東京都千代田区神田錦町3‐21)
※竹橋駅(東西線)3b KKRホテル東京玄関前出口より徒歩2分
※神保町駅(三田線・新宿線・半蔵門線)A9出口より徒歩7分
※大手町駅(三田線・千代田線・半蔵門線・丸の内線)C2b出口より徒歩8分
http://yamori.jp/access/

□ゲストスピーカー(下記、詳細プロフィールあり)
・下枝 浩徳(したえだ ひろのり)さん
1985年5月16日生まれ。
一般社団法人葛力創造舎 代表理事
・高荒 弘志(たかあら ひろし)さん
1957年3月3日生まれ。
有限会社タカアラ産業 代表取締役
NPOほうらい副理事長

□参加費
3,500円を予定しています。(ほくほく里芋など福島のお野菜を使ったお料理、飲み物代込み)

□定員
30名

□申込み方法
参加希望者は以下にアクセス、必要事項記入をお願いいたします。
http://p.tl/za3U

□詳細リンク先
「福島のほくほく里芋でほくほくしながら、福島について考える集い」(長いので略してほくほく芋)(facebookイベントページ)
https://www.facebook.com/events/1421004751462683/

※※※ゲストスピーカープロフィール※※※
・下枝 浩徳(したえだ ひろのり)さん
1985年5月16日生まれ。
一般社団法人葛力創造舎 代表理事
http://katsuryoku-s.com/
 下枝さんは震災後、避難指示区域に指定された地元葛尾村復興のため2011年4月福島県にUターンしました。”ふくしまの野菜専門商社”として県内各地の美味しい野菜を農家さんから直接仕入れ、東京で販売するイベントなどを行っています。
今回仕入れて下さる野菜は、どれも下枝さんが直々に目利きし、選んだものばかりです。「もみ殻を使って、自分の子どものように育てられた野菜は、生きてるんですよ。元気がいいんです。」と語る下枝さんの選んだ野菜を食べながら、U・Iターンとして福島で働く意義や、今福島について感じている課題意識について伺います。

・高荒 弘志(たかあら ひろし)さん
1957年3月3日生まれ。
有限会社タカアラ産業 代表取締役
NPOほうらい副理事長
http://michinokushigoto.jp/archives/7427
高荒さんは、NPOほうらい副理事長として、福島県福島市南部地域で「健康」を軸にしたまちづくりに取組んでいます。ワンコイン(500円)フィットネスを拠点とした、「運動」や健康にいい「食」の提供、「自己健康チェック」などの地域の仕組みづくりは、昨年度、経済産業省のモデル研究事業も受託しました。
「地域ごとに健康を守る拠点をつくるのを、社会の仕組みの中にいれたいっていうのが俺の考えなんだ」と地域の健康づくりの在り方を考える高荒さんは、運動、健康チェック、体にいい食品の販売等を組み合わせたヘルシーコンビニ事業などを考え活動しています。超高齢化社会に向けた福島発の取組みを伺います。