• 過去のお知らせ
  • 2014.03.03

【イベント情報】子育て支援講演会「原発事故から3年〜ふくしまの子どもたちの未来を考える〜」(3/5@郡山)

NPO法人ふよう土2100が主催で3月5日(水)郡山市にて開催いたします、
子育て支援講演会「原発事故から3年〜ふくしまの子どもたちの未来を考える〜」のご案内です。
※当団体は、当講演会に後援団体として参画しております。

当講演会では、講師に、南相馬市から宮城県名取市に避難し、障がい者支援活動に取り組む
NPO法人MMサポートセンターの谷地ヨミ子さんをお招きします。 

今回の内容は、お子さまの障がいで悩みを抱える保護者をはじめ、身近にお子様の障がいで悩みを
抱えている人たちにのみならず子育て支援に取り組んでいる皆さま方にも関心を持っていただける
食事を通した子どもの支援方法や体づくりなどについて、講師の谷地さんにお話ししていただく予定です。
多くのみなさまに気軽にお声をかけていただき、そして、
当講演会ご参加をご検討いただけますと幸いです。

NPO法人ふよう土2100「子育て支援講習会(2014年3月5日)」 【pdfチラシ】NPO法人ふよう土2100「子育て支援講習会(3/5@郡山市)

fuyodo-123-shugou-300x180 fuyodo-123-yosu1-300x180 fuyodo-123-yosu2-300x180
※前回の子育て支援講習会(2013年12月3日)の様子

以下、当講演会 開催概要となります。
※当講演会の詳細は、上記チラシ・詳細リンク先よりお願い申し上げます。

子育て支援講演会「原発事故から3年〜ふくしまの子どもたちの
未来を考える〜」(3/5@郡山)開催概要

春の候、皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃より交流サロンひかりに対しまして、格別のご厚情をたまわりまことにありがとうございます。

今回、独立行政法人福祉医療機構の社会福祉振興助成事業の一環として、講師に避難先の宮城県名取市で
障がい児家族支援活動を続ける谷地ミヨ子NPO法人MMサポートセンター代表理事をお呼びし
障がい児家族支援をテーマに講演会を開催いたします。

「社会福祉振興」助成事業によって、県内で障がい児と暮らす家族の負担が軽減され、障がいの種類に関わらず、
子供たちが暮らしやすい地域になることが当団体の願いでもあります。
子育て世代のお父さんやお母さん、子育て支援に取り組んでいる多くの関係者のみなさまの
ご参加をお待ちしております。

日時

2014年3月5日(水) 14:00~16:00

場所

郡山市総合福祉センター3階技能習得室 (福島県郡山市朝日一丁目29番9号)

講師

NPO法人MMサポートセンター 代表理事 谷地ミヨ子さん
テーマ:「きちんと支援すれば困った子ではありません」
※※※講師プロフィール※※※
福島県田村郡都路村(現在:田村市)出身 。南相馬市原町区内で学習塾の講師として、 発達などに
「何らかの個別的配慮を必要とする 人たち」への支援を行う。ADHD・LD・自閉症、不登校、
言語発達遅滞等児への直接指導、発達検査、ペアレントトレーニング、保育・家庭・教育・福祉・医療の
橋渡し的役割を担い、 保育所・幼稚園・小・中・高への訪問指導も行う。 論文等多数執筆。
絵本の読み聞かせなど保護者への育児講演会、 教師 等への発達障害に関する講演会等も多数。

参加費

無料

定員

40人

ご参加お申込

チラシ下部の必要事項を記入の上、交流サロンひかりまで電話・ファックス・メールでお申し込みください。
TEL:024-983-1860
FAX:024-983-1860
メール:fuyodo2100[@]gmail.com
ご連絡の際は[@]の[]をお外し下さいませ。

詳細リンク先

交流サロンひかりWEBサイト (運営:NPO法人ふよう土2100)

主催・協力・後援

主催:NPO法人ふよう土2100

協力:独立行政法人福祉医療機構(WAM)

後援:福島県・郡山市・ふくしま連携復興センター

 

また、こちらの講演会の告知を、福島民友 2014年3月2日 朝刊11面に掲載いただきました。

掲題メディア

福島民友 2014年3月2日 朝刊11面(地域ニュース:ネット59ワイド)
福島民友 2014年3月2日 朝刊11面(地域ニュース:ネット59ワイド)修正※著作家保護のため、見出し以外を閲覧不可の状態にしております。