• 過去のお知らせ
  • 2014.04.02

【活動報告・メディア掲載情報】シンポジウム「震災後3年 ここから未来を考える」開催(3/15@いわき市)

NPO法人ザ・ピープルといわきおてんとSUN企業組合(ページ末尾:紹介あり)が、
2014年3月15日(土)いわき市にて、シンポジウム「震災後3年 ここから未来を考える」を開催しました。

いわきおてんとSUN企業組合と早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科の松岡俊二教授が編集した
「フクシマから日本の未来を創る 復興のための新しい発想」(早稲田大学出版部発行)の出版披露などに合わせて、
本シンポジウムが企画されました。

本シンポジウムでは、前半で、ザ・ピープル理事長と組合代表理事の吉田恵美子氏らがが基調報告と出版披露を兼ね、
本に盛り込まれた活動や研究の内容などを紹介されました。
後半では、「震災から未来へ 市民と市民活動の連携の先に」と題してパネルディスカッションを開き、
被災地支援を続けているNPO法人・いわき市社会福祉協議会などの代表者による意見効果が行われました。

また、こちらのシンポジウムの様子を、福島民報で掲載いただいました。

メディア掲載

福島民報 2014年3月16日 朝刊3面(総合面)
福島民報 2014年3月16日 朝刊3面(総合面)修正
※著作権保護のため、写真・見出し・冒頭文以外の記事は閲覧不可の状態にしております。

いわきおてんとSUN企業組合とは…

組合は、震災前から同市を拠点にNPOや地域づくり活動に取り組んできたメンバーが中心となり、
震災後も独自の活動を行いながら、設立した。有機栽培で綿を育てて製品化するオーガニックコットン事業、
自然エネルギーを利用した発電、被災地で学ぶスタディーツアーなどを進めている。

【詳細リンク先】いわきおてんとSUN企業組合WEBサイト