• 過去のお知らせ
  • 2014.12.16

【活動報告・メディア掲載情報】ふくしま復興応援隊「観光ツーリズム研修会」(12/4@郡山市)

2014年12月4日(木)郡山市総合福祉センター研修室にて観光ツーリズムの研修会を開催しました。
当日は、復興支援員11名、地域おこし協力隊6名、オブザーバーおよびスタッフ5名の計22名が参加しました。

IMGP0074-300x225 IMGP0086-300x225

午前中は、福島県観光交流局観光交流課の平山知宏様を講師としてお呼びし、「福島県における観光の現状」をお話いただきました。
東日本大震災で福島県の観光も大打撃を受けましたが、徐々に観光客は回復傾向にあることが分かりました。また、来年4月~6月にディスティネーションキャンペーンを開催し、風評被害の払拭と更なる飛躍に向けて県民が一体となるチャンスだと言う事も分かりました。

午後の前半は、朝日カルチャーセンターの本間義信様を講師として「失敗から学ぶ観光ツーリズム」についてお話いただきました。
観光の失敗とは何か、観光の黄金ルールは何か、観光を失敗させないために気をつけるべきポイント、など多くの学びを得ることが出来ました。

午後の後半は、福島大学うつくしまふくしま未来支援センターの髙木亨特任准教授を講師として「福島県における地域資源の活用~いわき市の事例を中心として~」についてお話いただきました。
地域と大学が細く長くつきあうために、きちんとした目的や大学の専門性を活かして地域に入ってもらうことが重要だと分かりました。

ご参加くださいました皆様、講師の皆様、誠にありがとうございました。


★本研修会の様子が記事に掲載されました。
福島民友 2014年12月6日 朝刊 地域ニュース
観光振興の課題学ぶ 郡山・県内外の20人研修