【イベント情報】福島大学より、福島・東京での同時開催イベントのご案内を頂きました。東京にいらっしゃる方のご参加もお待ちしております。<開催概要>『…



【イベント情報】
福島大学より、福島・東京での同時開催イベントの
ご案内を頂きました。

東京にいらっしゃる方のご参加もお待ちしております。

<開催概要>
『ふくしま復興学の構築に向けて①』
〜現場から福島の復興の持つ意味を考える〜

日時:2012年12月16日(日)13:00~19:00

場所:福島会場:福島大学 行政政策学類棟2階 大会議室
(福島県福島市金谷川1)
東京会場:リージャス汐留ビルディングセンター 汐留ルーム
(東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3階)
主催:国立大学法人 福島大学(事務局:『ふくしま復興学』デザイン研究会)

共催:一般社団法人 国立大学協会

<プログラム>
(第1部)
①福島大学行政政策学類 丹波史紀 准教授 プレゼンテーション
「ふくしま復興学の創造に向けて」
②登壇者8名によるスピーチ
登壇者:
1.鈴木寛 氏(東京都選出参議院議員, 元文部科学副大臣)
2.半谷栄寿 氏(福島復興ソーラー株式会社 代表取締役社長)
3.中村彰二朗 氏(アクセンチュア福島イノベーションセンター 所長)
4.玉川啓 氏 (福島県浪江町復興推進課 主幹)
5.荒井優 氏(東日本大震災復興支援財団 専務理事)
6.藤沢烈 氏(一般社団法人RCF復興支援チーム 代表理事, 復興庁政策調査官)
7.木戸寛孝 氏(株式会社 umari)
8.中村美紀 氏(山形県避難者母の会 代表)
※登壇者は急きょ、変更する可能性もございます。
あらかじめご了承ください。
③参加者による問題意識の共有

(第2部)ワークショップ

(第3部)懇親会(立食パーティー)

【参加費】
第一部、第二部:無料 ※第三部(懇親会):¥5,000円
懇親会参加者のみ当日お支払いください。

※『ふくしま復興学』デザイン研究会について
福島大学の研究者を中心に構成された『ふくしま復興学』
デザイン研究会では、今回のシンポジウムで導出される
『ふくしま復興学』への重要な論点を整理・体系化し、
『ふくしま復興学』の全体像を模索してまいります。
また、2013年3月、世界中の復興や防災関連分野の
研究者を集めたシンポジウムの開催を予定しています。

本件に関するお問い合わせ:
『ふくしま復興学』デザイン研究会 担当:菅家
E-mail:motoshikanke@gmail.com