【お知らせ・プレスリリース】「ふくしま担い手宣言 2014」(2014年3月11日)



東日本大震災から3年が過ぎ、震災や原発事故に関する福島県内外の意識が風化する現状のなか、
3年目の支援活動の経験から、
当団体は「長期化する復興を支えていくのは、福島に生きる市民1人1人の力である」と考えております。

震災から3年間を振り返り、福島に生きる私たち自身が、これまで以上に復興を担っていく主体となることを目指し、
そして、私たちの想いを福島県内外へ発信していくことを目的に、
2014年3月11日一般社団法人ふくしま連携復興センターは「ふくしま担い手宣言 2014」を発表いたします。

ふくしま担い手宣言  2014 【pdf】ふくしま担い手宣言 2014

「ふくしま担い手宣言 2014 〜1人1人が主役の復興へ~」(2014年3月11日)

あの日、あの瞬間から、故郷のため、自分たちのため、これからの未来のために、小さくとも、
大きな一歩を踏み出した私たちがいます。

東日本大震災および福島第一原子力発電所事故が起こったとき、
この地に生きる私たちにとって失ったこと、残ったことは何だったでしょうか。あれから3年が経って、
変わらないこと、変わったこと、新たに生まれたことは何でしょうか。

ふくしまの当事者として、ふくしまの現実と向き合うことは、痛みを伴い、
これから先も長く時間のかかることです。1人1人の生活再建や自立に向けての動きは、
まだまだ時間がかかります。
だからこそ、ふくしまに生きる私たちが、希望ある未来を創り上げていくために、
復興の担い手となることが、必要不可欠です。震災後、被災した地域で、ふくしまの復興を目指し、
自治体、企業、NPOや市民による様々な活動がうまれました。
震災後に立ち上がったふくしま連携復興センターのネットワークは、直後のNPOや市民活動、
企業を中心とした会員団体11団体から、現在、105団体へ拡がっています。
今もなお諦めずに向き合い続ける人の輪が繋がっていくことにこそ、未来への希望がうまれると信じています。
ふくしまから踏み出した私たち自身の小さくとも、かけがえのない一歩こそが、
これからの新しい社会を創る大きな一歩となることを、願ってやみません。

ふくしまに生きる1人1人が、復興の主役です。
誰かにやってもらうのではなく、自分たちで考え、出来ることから、共に創り上げていきましょう。

ふくしま連携復興センターは、ここに、ふくしまの新しい未来を創る1人1人のパートナーとなることを宣言します。

2014年3月11日
一般社団法人ふくしま連携復興センター