【イベント情報】フォーラム「みんなで考える福祉避難所 災害関連死を一人でも減らすために」(6/22@いわき)



6月22日午後1時からいわき市立中央公民館大講義室で開かれるフォーラム
「みんなで考える福祉避難所 災害関連死を一人でも減らすために」の案内です。

fukushi-hinanjo※画像をクリックするとチラシ(pdf)がダウンロードできます

一般社団法人ふくしま連携復興センター主催、認定特定非営利活動法人いわき自立生活センター共催。
福島県やいわき市などの後援を得て開催します。
構成は、同志社大学の立木茂雄教授(福祉防災学)による基調講演、
JDF被災地障がい者支援センターふくしまの白石清春代表からの提言、
さらに福祉施設や自治体担当者からの報告が予定されています。

また、フォーラムに向けて実施した福祉避難所に関するアンケート結果も公表されます。
自治体や福祉施設などの関係者だけでなく、市民それぞれが災害時に福祉避難所が
どう機能するのか「みんなで考える」機会にしたいと考えています。

一人でも多くの方の参加をお待ちしています。参加無料です。

フォーラムの概要

日時

2015年6月22日(月) PM1:00開会(30分前) PM4:30閉会

場所

いわき市立中央公民館大講義室
(いわき市平字堂根町1の4、市文化センターと同じ建物)
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/kominkan/chuo/index.html

対象

市民のみなさん 県内市町村の福祉避難所のご担当者
福祉避難所に指定されている福祉施設のご担当者 等

プログラム

【1】 基調講演
        同志社大学 立木茂雄教授(福祉防災学)
        演題「障がいインクルーシブ防災から見た福祉避難所のあり方について」
【2】 提言
        JDF被災地障がい者支援センターふくしま 白石清春代表
        演題「教訓は生かされるか 想定と実際のはざまで」
【3】 福祉避難所アンケート結果を踏まえた全体ワークショップ
        アンケート結果の概要報告
        報告1.いわき自立生活センター 小松良行氏
        報告2.福島県保健福祉総務課 桑折千賀子氏
        報告3.いわき市長寿介護課   丹野邦彦氏
【4】 立木教授を含めた報告者と、会場の参加者相互による問題提起、討議

参加お申込み

参加申し込みは電話、またはE-mailでお願いします。

【申込先】 一般社団法人ふくしま連携復興センター(担当:坂口)
【T E L】 024-572-7665
【E-mail】 info@f-renpuku.org
     ※E-mailでお申込の場合は、件名・本文に下記を記載ください。
     件名:参加_みんなで考える福祉避難所 災害関連死を一人でも減らすために
     本文:お名前・ご所属・ご連絡先(TEL&E-mail)